安全性が高いワセリン|幅広い年代で活躍している商品

指

鼻が乾燥した時に効果的

インフルエンザから体を守るためにマスクをすることがあります。しかしあまり効果は期待できません。ワセリンを鼻の粘膜部分に塗ることで、インフルエンザウイルスを吸着してくれる場合があります。体内への侵入を防げます。

安心して使える

美容クリーム

リーズナブルで優しい

いろんな用途で使うことが出来るワセリンは、ドラッグストアやスーパー、コスメ雑貨のお店などで、手軽に手に入るのが魅力です。価格帯が安いので、一家に一つは置いてあると大変便利でしょう。実際にワセリンといえば、ハンドクリームとして手の保湿をするのはもちろん、リップクリームとして使うこともできます。口に入れても安心できる商品ですので、大人が唇の保湿に使うのはもちろん、小さな子供の顔周りの皮膚をいたわりたいというときなどにもおすすめされています。そんなワセリンは、ドラッグストアをはじめとする売り場で、個人で商品を選んで購入することが出来ます。持ち運び用として便利な小さな106gサイズであれば、希望小売価格300円(税抜)での販売がされています。また、お得な368gサイズであれば、500円台〜とお得に販売されていることもあります。一家に一つ、家族みんなで使うというときには大容量パックが、お値段もお安いのでおすすめです。たくさん使うというのであれば、大きいサイズを持っていて間違いはないかもしれませんね。また、純度の高いワセリンは、幼児の保湿ケア用として医療機関で処方されることもあります。より無添加で安心して使うことが出来る、純度の高いワセリンであると、少々お値段は張りますが、その分保湿効果や肌へのやさしさやテクスチャーが上がるのが魅力です。このように、ワセリンは幅広いシーンで利用されているということがよくわかりますね。

クリーム

乾燥しやすい部分に塗る

保湿剤として使われることが多いワセリンですが、手に取って直接塗る場合、鼻の中などは綿棒などを使って優しく塗る場合があります。これによってウイルスの侵入を防げます。肌のケアの場合は、化粧水の上から塗る方法もあります。

クリーム

様々な使い方がある保湿剤

ワセリンには保湿や皮膚を保護するという働きがあることは広く知られていますが、インフルエンザを予防する働きもあります。ドライノーズの人が鼻の奥にワセリンを塗っておくとドライノーズの症状が改善され、ウイルスから体が守れるようになります。